インドネシアの新しい個性
『Cafe21 インドネシア 西ジャワ プリアンガン』です

インドネシアジャワ島西部に位置するバンドゥンは、植民地時代に政治・経済・文化の中心地の1つとして発展してきました。オランダ統治時代の面影も多く残るこの地域は、年中を通して過ごしやすく、多くの外国人が居住し「ジャワのパリ」と呼ばれていました。
 バンドゥンを中心として広がる高原地帯は「プリアンガン」と呼ばれ、茶畑や果樹園が多く点在し、絶景の宝庫として有名です。この肥沃な高原地帯が広がるバンドゥン近郊で栽培されるコーヒーを、インドネシアコーヒーの「新たな個性」として、ハマヤは「プリアンガン」と名付けました。
 従来のジャワアラビカとは異質の個性を持ち、高い香りと、ほどよい甘みが調和した、個性豊かな味わいが特徴です。

通信販売では行ってはいないのですがハマヤのお店では11月8日まで20%増量キャンペーンを行っています。
お近くに行かれる際は是非売り場の方も見に行って下さい。
ハマヤのお店は
(・∀・)σ http://www.hmy.co.jp/store.html
(ハマヤ株式会社のホームページに飛びます)